メイクブラシお手入れの悩み

メイクの仕上がりを各段にアップさせてくれるメイクブラシ。今や毎日のメイクには欠かせないアイテムとなっていますが、そのメイクブラシ、洗ったことはありますか?汚れが目につきやすいパフやスポンジと違い、メイクブラシの汚れって意外と見落としている方や、ついついお手入れが後回しになってしまう…なんて方が多くみられます。
「最近肌荒れが気になる。」「以前と比べてメイク乗りが悪くなってきた。」「メイクブラシが使いにくくなった気がする。」などのお悩み、もしかしたらメイクブラシの汚れが原因かもしれません。

肌に触れるメイクブラシの毛と毛の間には化粧品の油分や皮脂、汗など目に見える汚れだけではなく、見えない汚れも溜まりやすくなっており、放っておくと細菌や皮脂が繁殖しやすい状態になってしまいます。汚れたままのメイクブラシを使っているとニキビやかぶれ、シミ、くすみなど、肌トラブルの原因にもなりかねません。またメイクブラシは使っていくと摩耗し形が変わったり、劣化していきます。
少しでも長く大切に使う為にも、洗い方が分からない、お手入れが面倒くさいから、と汚れたままのブラシを使わずに、メイクブラシも日々のメイクも美しく仕上げましょう。

メイクブラシの普段のお手入れ方法

普段のお手入れといわれると「毎日ケアが必要なの?」と思われるかもしれませんが、基本的なお手入れはメイクブラシを使用後、ティッシュペーパーや乾いた布などで、毛先に残ったメイクや汚れを優しくふき取り、メイクブラシの毛先が広がらないように綺麗に毛先を揃えてから保存するだけいいんです。

メイクブラシは想像以上にデリケートなので、良かれと思って毎日水洗いや洗剤などでしっかり洗ってしまうと、摩擦によるダメージを受けて毛が抜けてしまったり、毛先が痛むことで肌に負担がかかってしまいます。また水洗いする頻度が高いと、メイクブラシの持ち手(グリップ)部分に水が溜まり、雑菌の原因にもなりかねません。どうしても汚れが気になる時には週に1回程度、目の細かい櫛やヘアブラシなどで梳かしてあげると、毛並みも整い清潔にお使いいただけます。

メイクブラシを洗う頻度とは

毎日何気なく使っているメイクブラシですが、実はとても繊細なツールです。頻繁に洗いすぎてしまうとブラシへのダメージが大きくなってしまいます。メイクブラシの汚れや匂いが目立ってきた、粉含みが悪い、メイクの仕上がりが良くないと感じたら、ブラシを洗うタイミング。基本的には3週間から4週間に1回程度ぬるま湯、または水で洗いましょう。夏は雑菌が繁殖しやすい時期なので頻度や汚れ具合によってはもう少し頻繁に水洗いを行ってください。肌トラブルを防ぐ為にも日々のお手入れを欠かさずに使用しましょう。

メイクブラシをお手入れするメリット

肌トラブルを防ぎやすい

にきびや吹き出物、肌荒れ、くすみ、乾燥などの肌トラブルはもしかすると汚れたメイクブラシが原因かもしれません。メイクブラシは使い続けることにより皮脂、ホコリ、パウダー、ファンデーションの油分など、アクネ菌の温床になる条件が揃っています。普段から使用する前にブラシをよく見てみてください。見える汚れがついていたら要注意です。目に見えない小さな汚れや細菌などが既に繁殖している可能性が高く、そのまま使用していると肌トラブルの原因になってしまいます。肌トラブルを防ぐ為にもメイクブラシは定期的に洗い、十分なお手入れをして清潔な状態にしておきましょう。

メイクの仕上がりがよくなる

メイクブラシを長期間洗わずに使用したり、使用後のお手入れをさぼってしまうと、化粧のノリや、粉含みが悪くなる、塗りムラが出来てしまうなど、メイクの仕上がりにも影響してしまいます。メイクブラシはメイクの完成度を飛躍的に高める万能なツールでもありますが、状態の悪いメイクブラシを使い続けることで、逆にメイクの完成度が下げてしまうことにもなりかねません。メイクブラシの効果を最大限に引き出すためにも日頃のお手入れを忘れないようにしたいですね。

メイクブラシの洗い方

準備するもの

メイクブラシの洗い方

①洗剤をぬるま湯に溶かし、メイクブラシの毛先部分を浸しながら軽く振り洗いします。その後、メイクブラシの毛と持ち手(グリップ)部分の際を親指で軽く押しだすようにもみだし洗いすると持ち手(グリップ)部分に入り込んだメイクの汚れや皮脂が水に溶けて出てきます。

②ぬるま湯にファンデーションの色や汚れが出なくなるまで数回繰り返したあと、洗剤の泡が立たなくなるまで十分にすすぎます。

③泡や汚れが完全に取れたら、指の腹でメイクブラシの根元から毛先に向けて水分を絞り、軽くティッシュペーパーや乾いた布などで拭き取った後、軽く形を整えます。(細い櫛やブラシなどを軽く通し形を整えるとよりよいです。)

※最後にほんの少量のリンスかトリートメントをすると毛並みがよくなりおすすめです。
※洗剤は中性の洗剤、石鹸、シャンプー、メイクブラシ専用のクリーナーなどを使用してください。

メイクブラシの乾かし方

タオルや乾いた布などで挟んで、軽く押すように水分をとりメイクブラシの毛先を整えます。乾かす際には毛先部分を下にして、風通しのいい日陰で乾かしましょう。メイクブラシの毛先部分を下に向けて乾かすのが難しいときには、メイクブラシの持ち手(グリップ)部分に輪ゴムなどを巻き、洗濯バサミに挟んで干す方法もおすすめです。メイクブラシは毛量が多く、完全に乾くまでに2~3日間ほど時間がかかってしまいますが、決してヘアードライヤーで乾かしたり、サーキュレーターや扇風機で風をおこして乾かすことはしないでください。ブラシが変形してしまったり、劣化が早まったりしてしまうリスクがあります。

メイクブラシを洗う時、乾かす時の注意点

洗剤の成分を考慮して選ぶ

 

半乾きに注意する

 

毛質に合わせて洗浄回数を調節する

 

傷んできたら買い替える

 

 

また天然毛(動物毛)のメイクブラシは水洗いやダメージに弱いので慎重に行う必要がありますが、人工毛に比べて汚れが落ちやすく優しく丁寧に洗うことでメイクブラシが長持ちします。人工毛(化繊ブラシ)の場合は天然毛(動物毛)と比べるとダメージを受けにくく扱いやすいイメージがありますが、天然毛に比べ毛先が細く、毛量も多いため雑菌、皮脂などの汚れが落ちにくくなっています。しっかりと水で汚れを洗い流しましょう。とはいえメイクブラシの毛は水分に弱いので、ゴシゴシせずに出来るだけ繊細に洗ってください。メイクブラシは中心部分まで完全に乾くまで3日間ほどかかります。すぐに乾燥させたいからといって直射日光に当てたり、ドライヤーなどの風にあてて乾かす行為は絶対にしないでください。メイクブラシが変形し毛並みが悪くなったり、劣化が早まってしまいます。

メイクブラシ・スポンジの収納方法と持ち運び方

メイクブラシの毛先はとても繊細です。せっかく丁寧にお手入れをしていても、保存状態が悪いと毛先の部分が変形してしまったり、ばらついてしまい使い心地が悪くなってしまいます。自宅で収納するときには、毛先がつぶれてしまわないように、立てて収納できるアイテムを選ぶのがおすすめです。また、他のブラシとぶつかって痛まないように余裕をもって収納しましょう。外出する際など持ち運ぶ時には、ブラシ専用の収納がついている化粧ポーチやブラシケース、ブラシポーチなどに収納しましょう。また持ち運びしやすい蓋つきのメイクブラシを選ぶのもおすすめです。メイクスポンジ(パフ)は未使用のものと使用中のものは必ず別々にわけ、保存袋や蓋つきのケースなどにいれて保存するのがおすすめです。

メイクブラシ取り換え時期の目安

メイクブラシは消耗品です。肌触りが悪くなった、毛先の広がりが気になる、毛の抜けやツヤがなくなる、などの症状がでてきたら取り換えのサインです。またにメイクのノリが悪くなった際に、洗っても改善が見られない場合はメイクブラシが劣化している可能性が高いです。メイクブラシの取り換え時期は毛質や使用頻度などにもよりますが、直接肌に触れるものなので、常に綺麗なメイクブラシを使用しましょう。

アルティザン&アーティストのメイクブラシ

 

メイクスポンジの洗い方

メイクスポンジ(パフ)もメイクブラシと同じくらい使用頻度が高いツールです。お肌の為にも清潔に、少しでも長持ちするように普段からしっかりお手入れをしましょう。メイクスポンジ(パフ)が汚れたり、劣化しているとファンデーションが綺麗に肌の上に伸びないため、ムラになってしまったり、メイクがしっかりのらないので、仕上がりが悪くなってしまいます。またメイクスポンジ(パフ)は油分の多いファンデーションなどをのせることも多く、肌全体に触れるため汗や皮脂を吸収しやすく、汚れや雑菌が繁殖しやすくなっています。肌トラブルを防ぐためにも、正しい洗い方でしっかりと汚れを落とし清潔なメイクスポンジ(パフ)を使いましょう。

メイクスポンジ(パフ)の洗い方

洗剤をぬるま湯に溶かし、メイクスポンジ(パフ)を浸しながら指の腹を使って揉むように押し洗いします。 強くこすりすぎて、スポンジの表面を傷つけないようにご注意ください。何度か上記の作業を繰り替えしぬるま湯に汚れがでなくなったら、洗剤の泡が立たなくなるまで十分にすすぎます。最後に清潔なタオルなどで、スポンジの水分を十分に吸い取ります。

メイクスポンジの乾かし方

メイクスポンジ(パフ)を洗った後は正しい方法で乾かしましょう。せっかく綺麗に洗ってもしっかり乾ききっていなかったり、生乾きのまま保存してしまうと、湿気を好む雑菌の温床となってしまいます。

メイクスポンジ(パフ)の乾かし方

メイクスポンジ(パフ)を綺麗に洗ったあとは、乾いたタオルなどの上に置き、メイクブラシと同じように風通しの良い場所で、直射日光をさけ陰干ししましょう。早く乾かしたいからといって、ヘアードライヤーで乾かしたり、サーキュレーターや扇風機で風をおこして乾かすことはしないでください。メイクスポンジ(パフ)劣化が早まってしまったり使い心地が悪くなってしまう可能性があります。収納するときは必ずメイクスポンジ(パフ)が完全に乾いてからにしてください。

メイクブラシのお手入れ動画はこちら